Top > Excel > COUNTIF

最初へ / 前へ / 次へ / 最後へ / 目次へ  よく使う関数  

COUNTIF Edit

指定された範囲に含まれるセルのうち、検索条件に一致するセルの個数を返します。
COUNTIF.gif

書式  COUNTIF(範囲,検索条件) Edit

  1. 範囲
    • セルの個数を求めるセル範囲を指定します。
  2. 検索条件
    • 計算の対象となるセルを定義する条件を、数値、式、または文字列で指定します。
    • 式および文字列を指定する場合は、">32"、"Windows" のように、半角の二重引用符 (") で囲む必要があります。

解説 Edit

  • Excel には、条件を基にデータを解析するための関数がほかにもあります。
  • たとえば、文字列または数値の範囲で指定した条件を満たすときに合計を計算するには、SUMIF ワークシート関数を使用します。
  • 特定の売上高に達した場合にボーナスを支給するなど、2 つの値のうち 1 つを返すには、IF ワークシート関数を使用します。

使用例 Edit

  1. "リンゴ" と入力されているセルの個数を求めます
  2. 55 より大きい値が入力されているセルの個数を求めます
excel_countif.jpg

使用例 Edit

AB
1データデータ
2リンゴ32
3オレンジ54
4モモ75
5リンゴ86
  • 数式説明 (計算結果)
    =COUNTIF(A2:A5,"リンゴ")上の 1 列目に "リンゴ" と入力されているセルの個数を求めます (2)
    =COUNTIF(B2:B5,">55")2 列目に 55 より大きい値が入力されているセルの個数を求めます (2)

[ 戻る ]


添付ファイル: fileexcel_countif.jpg 1919件 [詳細] file20050324_countif.xls 1489件 [詳細] fileCOUNTIF.gif 1988件 [詳細]