Top > Excel > RANK

最初へ / 前へ / 次へ / 最後へ / 目次へ  よく使う関数  

RANK Edit

順序に従って範囲内の数値を並べ替えたとき、数値が何番目に位置するかを返します。
RANK.gif

書式   RANK(数値,範囲,順序) Edit

数値   範囲内での順位 (位置) を調べる数値を指定します。
範囲   数値を含むセル範囲の参照または名前、または数値配列を指定します。
       範囲内に含まれている数値だけが計算の対象となり、そこに含まれている文字列、
       空白セル、論理値は無視されます。
       また、範囲内にエラー値が含まれていると、そのエラー値が返されます。
順序   数値の順位を決めるため、範囲内の数値を並べ替える方法を指定します。 

順序に 0 を指定するか、順序を省略すると、範囲内の数値が ...3、2、1 のように降順に並べ替えられます。 順序に 0 以外の数値を指定すると、範囲内の数値が 1、2、3、... のように昇順で並べ替えられます。

解説 Edit

RANK 関数では、重複した数値は同じ順位と見なされます。数値が重複していると、それ以降の数値の順位がずれていきます。たとえば、整数のリストがあり、そのリストに 10 が 2 度現れ、その順位が 5 であるとき、11 の順位は 7 となります (順位が 6 の数値はありません)。

使用例 Edit

使用例を新規のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

A
1データ
27
33.5
43.5
51
62
  • 数式説明 (計算結果)
    =RANK(A3,A2:A6,1)上のリストの中での 3.5 の順位を調べます (3)
    =RANK(A2,A2:A6,1)上のリストの中での 7 の順位を調べます (5)

    [ 戻る ]


添付ファイル: fileRANK.gif 1792件 [詳細]