Top > Excel > TEXT

最初へ / 前へ / 次へ / 最後へ / 目次へ  よく使う関数  

TEXT Edit

no関数名意味/説明引数(ひきすう)使用例結果
14TEXT曜日(値,表示形式)=TEXT(3/5/15,"AAA") ⇒ 土
(値,表示形式)=TEXT(3/5/15,"(AAA)") ⇒ (土)
(値,表示形式)=TEXT(3/5/15,"AAAAA") ⇒ 土曜日
日付&ユーザ定義(値,表示形式)=TEXT(2003/5/15,"YY/MM/DD (AAA)") ⇒ 03/05/15 (土)
(値,表示形式)=TEXT(2003/5/15,"MM/DD")⇒ 05/15
表示&単位&ユーザ定義(値,表示形式)=TEXT(1000,"#,### 円") ⇒ 1,000 円

[セルの書式設定] Edit

⇒[表示形式]⇒[ユーザ定義]⇒ ダブルコーテイション内を種類に入力すれば同じ扱いになります。
TEXT.jpg

no関数名種類使用例説明
1曜日AAAセルの内容は日付ですが曜日だけ表示されます
2(AAA)(土)
3AAAAA土曜日
4日付&ユーザ定義YY/MM/DD (AAA)03/05/15 (土)YY&MM&DDつまり全て2桁表示
5YYYY/MM/DD (AAA)2003/05/15 (土)年のみYYYYつまり4桁表示
6YYYY/M/D (AAA)2003/5/15 (土)月がMつまり1桁表示
6YYYY/M/D (AAAAA)2003/5/15 (土曜日)上記の組み合わせも出来ます
6YYYY-M-D (AAA)2003-5-15 (土曜日)区切りは-(ハイフォン)でもOK
7MM/DD05/15月と日のみ表示
8表示&単位&ユーザ定義#,### 円1,000 円#,###は千円単位のカンマ表示,単位は円(何でもOK)
注意)TEXT に関しては、[セルの書式設定]⇒[表示形式]
             ⇒[ユーザ定義]⇒ ダブルコーテイション内を指定すれば可能
      YMDの順番も変えれます MM/DD/YYYY、そのほかいろんなパターンがあります。

no関数名種類使用例(式)結果
1曜日AAA=TEXT(2004/5/15,"AAA")
2(AAA)=TEXT(2004/5/15,"(AAA)")(土)
3AAAAA=TEXT(2004/5/15,"AAAAAA")土曜日
4日付&ユーザ定義YY/MM/DD (AAA)=TEXT(2004/5/15,"YY/MM/DD(AAA)")04/05/15(土)
5YYYY/MM/DD (AAA)=TEXT(2004/5/15,"YYYY/MM/DD(AAA)")2004/05/15(土)
6YYYY/M/D (AAA)=TEXT(2004/5/15,"YYYY/M/D(AAA)")2004/5/15(土)
6YYYY/M/D (AAAAA)=TEXT(2004/5/15,"YYYY/MM/DD(AAAAAA)")2004/05/15(土曜日)
6YYYY-M-D (AAA)=TEXT(2004/5/15,"YYYY-MM-DD(AAA)")2004-05-15(土)
7MM/DD=TEXT(2004/5/15,"MM-DD")05-15
8表示&単位&ユーザ定義#,### 円=TEXT(1000,"#,### 円")1,000 円

[ 戻る ]

添付ファイル: fileTEXT.jpg 1854件 [詳細]