Top > Excel > VLOOKUP

最初へ / 前へ / 次へ / 最後へ / 目次へ  よく使う関数  

VLOOKUP Edit

指定された''範囲''の左端の列で特定の値を検索し、
''範囲''内の対応するセルの値を返します。
  • VLOOKUP 関数は、比較する値がデータ テーブルの左端の列に入力され、その位置から指定された列だけ右にある値を取り出す場合に使用します。
  • 比較する値が目的のデータと同じ列にある場合は、HLOOKUP 関数を使用してください。
  • VLOOKUP 関数の "V" は、縦方向 (vertical) の検索を意味します。
excel_vlookup.jpg

書式  VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索の型) Edit

  1. 検索値
    • 範囲*1の左端の列で検索する値を指定します。検索値には、値、セル参照、または文字列を指定します。
  2. 範囲
    • 目的のデータが含まれるテーブルを指定します。
    • 検索の型
      • TRUE を指定した場合、範囲の左端の列のデータは、昇順に並べ替えておく必要があります。並べ替えないと、正しく計算が行われません。
      • FALSE を指定した場合は、範囲のデータを並べ替えておく必要はありません。
    • 英字の大文字と小文字は区別されません。
  3. 列番号
    • 範囲内で目的のデータが入力されている列を、左端からの列数で指定します。
    • 列番号が 1 より小さいときは、エラー値 #VALUE! が返され、
    • 列番号範囲の列数より大きいときは、エラー値 #REF! が返されます。
  4. 検索の型
    • 検索値と完全に一致する値だけを検索するか、その近似値を含めて検索するかを、論理値で指定します。
    • TRUE を指定するか省略すると、検索値が見つからない場合に、検索値未満で最も大きい値が使用されます。
    • FALSE を指定すると、検索値と完全に一致する値だけが検索され、
      • 見つからない場合はエラー値 #N/A が返されます。

解説 Edit

  • 検索の型に TRUE を指定し、検索値が見つからない場合は、検索値未満で最も大きい値が使用されます。
  • 検索値範囲の左端の列の最小値より小さい場合、エラー値 #N/A が返されます。
  • 検索の型に FALSE を指定し、検索値が見つからない場合は、エラー値 #N/A が返されます。

Vlookup 使い方

使い方 パターン1

成績の点数の範囲でランク付けをする。
excel_vlookup1.jpg
  • ☆注意(エラー)
  • テーブルの値より小さいときはエラー(#N/A)になる
  • 逆にオーバーしてもエラーにならない。
  • ☆対策
    • エラー処理をする方法もありますが、右の表のように最小値&最大値を超える値を追加した表の作成をお勧めします。
    • エラー処理不要です。

使い方 パターン2

コードを入力してそれに関連する値を表示する。
excel_vlookup2.jpg
  • ☆対策
    • 検索の型 を忘れないのが、べたーなんですが、存在しないコードを入力してエラー(#N/A)が出ることを確認することをお勧めします。
  • ☆エラー対策
    商品コード商品
    50商品無し
  • =IF(ISERROR(VLOOKUP(C53,$J$3:$K$7,2,0)),"商品無し",VLOOKUP(C53,$J$3:$K$7,2,0))
    • 通常は、「商品無し」ではなく ”” として空白表示(表示しません)します。
    • エラーの種類により関数は色々ありますが、全てのエラーに対応する ISERROR を勧めます。
  • ☆コメント
    • ‐ι覆少ないときは、「入力規則」を指定して、選択形式で使うケースがおおい。
    • ◆屮董璽屮襪肋砂腓琶造拌悗┐討く必要がある」と成っていますが、検索の型=0であれば、Excel2000以降は必要ありません。 便利になりました。

使用例 Edit

使用例を新規のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。 その方法は?*2

1 気圧下での空気の物性

ABC
1密度粘性率温度
20.4573.55500
30.5253.25400
40.6162.93300
50.6752.75250
60.7462.57200
70.8352.38150
80.9462.17100
91.091.9550
101.291.710
  • 数式説明 (計算結果)
    =VLOOKUP(1,A2:C10,2)列 A の 1 を検索し、検索結果の値 0.946 と同じ行にある列 B の値を返します (2.17)
    =VLOOKUP(1,A2:C10,3,TRUE)列 A の 1 を検索し、検索結果の値 0.946 と同じ行にある列 C の値を返します (100)
    =VLOOKUP(0.7,A2:C10,3,FALSE)列 A の 0.7 を検索しますが、列 A には完全に一致する値がないため、エラー値が返されます (#N/A)
    =VLOOKUP(0.1,A2:C10,2,TRUE)列 A の 0.1 を検索しますが、列 A にある最小値よりも小さいためエラー値が返されます (#N/A)
    =VLOOKUP(2,A2:C10,2,TRUE)列 A の 2 を検索し、検索結果の値 1.29 と同じ行にある列 B の値を返します (1.71)

使用例2 Edit

ABC
1点数ランク
225F
350E
460D
570C
680B
790A
8100AA
9
10例(1)
11点数ランク計算式例=検索の型 を省略
1279C→ =VLOOKUP(A12,$A$2:$B$8,2)
1380B→ =VLOOKUP(A13,$A$2:$B$8,2)
1481B→ =VLOOKUP(A14,$A$2:$B$8,2)
15100AA→ =VLOOKUP(A15,$A$2:$B$8,2)
16101AA→ =VLOOKUP(A16,$A$2:$B$8,2)
17例(2)例(1) と同じ
18点数ランク計算式例=検索の型 を指定 完全一致でない=0=FALSE
1979C→ =VLOOKUP(A19,$A$2:$B$8,2,1)
2080B→ =VLOOKUP(A20,$A$2:$B$8,2,1)
2181B→ =VLOOKUP(A21,$A$2:$B$8,2,1)
22100AA→ =VLOOKUP(A22,$A$2:$B$8,2,1)
23101AA→ =VLOOKUP(A23,$A$2:$B$8,2,1)
24例(3)
25点数ランク計算式例=検索の型 完全一致=1=TRUE
2679#N/A→ =VLOOKUP(A26,$A$2:$B$8,2,0)
2780B→ =VLOOKUP(A27,$A$2:$B$8,2,0)
2881#N/A→ =VLOOKUP(A28,$A$2:$B$8,2,0)
29100AA→ =VLOOKUP(A29,$A$2:$B$8,2,0)
30101#N/A→ =VLOOKUP(A30,$A$2:$B$8,2,0)
31完全一致だと、一致しない場合エラーになる

[ 戻る ]

*1 配列 : 複数の結果を返す数式や、行および列範囲に入力された引数をまとめて処理する数式に使用される。配列範囲では、共通の数式が使用されます。配列定数は、引数として使用される定数の集まりです。
*2 1.新しいブックまたはワークシートを作成します。 2.ヘルプ トピックにある使用例を選択します (行番号および列番号を除く)。ヘルプから使用例を選択する 3.Ctrl キーを押しながら C キーを押します。 4.ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。 5.計算結果と結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーを押しながら ` (一重引用符) キーを押すか、または [ツール] メニューの [ワークシート分析] をポイントし、[ワークシート分析モード] をクリックします。

添付ファイル: fileVLOOKUP.gif 1415件 [詳細] fileexcel_vlookup.jpg 1945件 [詳細]